/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ニワトリノニワ テキトー日記三年目 97
昨日は9時過ぎにうっかり寝落ち。

後でレポートするけど、久々に大工仕事を一日中してたので疲れたらしい。それもこれも台風前にやっておかねばならなかったのだ。

ま、今回も直撃は避けたので全く問題なし。じゃ、「僕の夏休み~上野公園編~」続けるよん。


僕は再び上野の森を歩いていた。そして最も奥にある美術館へやってきた。

東京都美術館.jpg

女子中学生らしいギャルたちとキャァキャァ言いながら館内へ。ま、オレはキャァキャァとは言ってなかったけどな。

中学生らと.jpg

目的はコレだ。

ルーヴル美術館展.jpg

ルーヴル美術館が所蔵する200点を超える美術品を地中海4000年の歴史を追って展観するもの。

もちろん写真はNGなので一枚もない。のでざっくり概要を主観的にレポート。


エジプト文明を起源とする古代ヨーロッパ文明は地中海周辺で展開して行く。地中海は温暖で良く晴れる居住しやすい風土があるため文明の発達に向いていたようだ。

また、地中海は大きな湖のような閉じた環境であるため地中海周辺に広がり尽くし多民族化した文明はやがて狭い領土の奪い合いから北へヨーロッパ全土へ。

そして地中海から大西洋へと向かい、更にアジアやアフリカ、アメリカ大陸へと進出して行く中で文化を多様化させていく。

と、いう文明の流れの中で展開されたキリスト教を中心に据えた美術品が展示されていた。言うまでもなく芸術はその時代の中での人間の思想を表わしている。


西洋文明を美術の観点から見直してみたいという方にはルーヴル美術館展、お薦めします。


さて、例によって館内の冷房で冷やされブルブル震えながらお外に出てきて野口さんにご挨拶。

野口英世.jpg

「野口英世は細菌の研究で、ガッチリ!」 とは言ってないわな。


もうちょい歩いて再びお隣の国立科学博物館へ。今度は特設展じゃなく常設展を見ようと。


長くなるし、もう眠いのでおしまい(続く)





↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2013/09/25 00:46] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ニワトリノニワ テキトー日記三年目 98 | ホーム | ニワトリノニワ テキトー日記三年目 96>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/1087-d4cc3f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。