FC2ブログ
/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ニワトリノニワ テキトー日記三年目 94
昨夜は四万十市の花火大会でした。

田舎の花火大会とはいえ、9千発も打ち上げる本格的な花火大会。ま、僕は一人淋しく(?)農場でやや小ぶりの花火を眺めてました。ビール片手に。

対岸の丘の上に打ち上げ花火は見えるんだよな。でも、来年は誰かと四万十の花火大会デビューしちゃうかも知れないぞ。よーし、レッツ・コンカツ~☆


さて、9月も一週間過ぎたのにまだ8月のレポートやってる。いかん、幾分涼しくなってきたぞ、急げ。


思いがけず僕の誕生日を妹の旦那のご両親を含めて祝って頂いた翌日。折角だからご両親に千葉らしい所を見せようということで、九十九里海岸へ。ご両親は佐賀県在住である。

海へ.jpg

待てよ、千葉らしいって何だ?落花生のお花畑の中とかじゃねーのか?ま、いーか。

8月の終わり、しかも月曜日の砂浜は人が余りいなかった。と、思ったらどこのヒマジンだか分からねーが若い男女の団体とか案外人がいて驚いた。

チラホラ人がいた.jpg

月曜日のマッピルマっから砂浜であたかもウミガメのように遊んでいるとは、まったくいいご身分なもんだゼ。あ、俺もか。


とは言えローニャクニャンニョで構成される池田家御一行様は昼間の砂浜をまるで何かの宗教のごとく逝ったり来たりしても全く愉快ではない。

若者と言ったって30代のカップルが一組と残念なことに昨日41歳を迎えてしまったオッサンである。

冷静に考えて夏の砂浜は僕らに似合わないという結論にいたり、移動することに。


移動先は・・・

成東山.jpg

お寺。

ここなら僕らもベストマッチ。なのか?


このお寺は浪切不動。

浪切不動院.jpg

九十九里浜の海岸線から8キロほど内陸に入った所に位置するのに浪切不動とは?実は縄文時代前期まで千葉県の海岸線は今より8キロも内陸にあったのだ。


位置関係をマップで見ると・・・

千葉県海岸線.jpg

Aが今居る浪切不動。僕が引っ張った白い線がかつての海岸線。実家は赤い点で示した。緑の濃い所が現在台地と呼ばれており、縄文時代まではココだけが陸地だった。

従って千葉には縄文遺跡や弥生遺跡がたくさんあるのだが、これらは台地にまとまっている訳だ。実家の周辺にも全く無名の縄文時代の古墳のようなモノが林の中に点在している。


もう一つ驚いたのがこの浪切不動のお隣はかつて昭和初期まで成東館(なるとうかん)という温泉旅館があり、その温泉がラジウム温泉だったらしい。

成東館.jpg

千葉にラジウム温泉があったとは。


さてこのお寺は真言宗。

真言宗.jpg

と、言うことは・・・

大師像.jpg

山門をくぐって右手にお大師像がある。


その足元にはお四国が。

お四国が.jpg

大師像の後ろには四国八十八ヶ所札所の御神体の石碑が並ぶ。

八十八ヶ所ご神体の石碑.jpg

全国各地に弘法大師の伝説が残っているけど、人の心を救うために空海は日本中を歩き回ったのだな。

僕らは飛行機や電車で日本全国どこでも大体その日の内に辿り着いてしまうけど、それでも四国と東京は遠いとか思ってしまう。

空海は自分の足で津々浦々を歩いたのだけど、遠いという感覚を持っていたんだろうか。それとも自分の足で歩いて数週間なら近いという感覚だったのだろうか。

僕がお四国1300キロを歩いた感覚から推測すると、案外近いと思っていたんではないだろうか・・・


ところで、この浪切不動は名前の由来となった浪切石が存在する。

浪切石.jpg

正面の岩が波によって削られた証拠である。


この寺の本堂はこの岩山の上に存在する。

本堂.jpg

岩山は石塚の森と名付けられている。

石塚の森.jpg


登る。

登る.jpg

そして上からは成東の街が見下せる。

成東の街.jpg

ここから九十九里浜までおよそ8キロはほぼ真っ平らだ。


本堂は全面覆われて隠されており、お賽銭を投げいれる所だけ口を開けていた。

お賽銭入れだけ.jpg

なーに、それだけ空いてれば自称酸っぱいスパイなオジサンには充分内部が撮影できるというものよ。

つーことで内部。

本堂内部.jpg

内部は真言宗の総本山、高野山金剛峰寺の根本大塔の内部のように柱に装飾が施されてリッパだった。

このお寺の正式名称は、不動院長勝寺というらしい。

不動院長勝寺本堂.jpg


・・・・と、一人でお遍路気分に戻って浸っている傍らで彼らはミーハーなことに記念撮影とかやってやがる。

ハイハイ、撮りますとも。

記念撮影.jpg

この日の午後一でご両親が帰るので昼ご飯をみんなで食べてお開きすることに。

ランチのレストランに選ばれたのは「ばんどう太郎」というチェーン店のうどん屋さん。坂東太郎というのは利根川の別名である。でも何故か味噌煮込みうどんのお店らしい。

なんだそりゃ?

味噌煮込みうどんだがや~ が、何故利根川の名前を?


余りに違和感があったのと、この暑い季節に鍋焼きうどんなんか食えるか、ってことで僕は天丼とザルそばのセットを。だが、みなさんは疑いなく味噌煮込みなウドンを・・・

味噌煮込みうどん.jpg

汗流しながら美味しそうに食べて帰って行かれました。

千葉のイメージおかしくなったんじゃね?

ま、いいか。


僕も少し遅いバスでまた東京に戻る予定にしていた。まだ少し時間があったので実家の陶芸店に寄り、母の作った作品を眺める。

上達した?.jpg

ああ、だいぶ上達したな。かつては縄文式土器だったものな

相変わらず夏休みには子供たちが宿題作りにやってくるようだ。

夏休みの宿題?.jpg


・・・あの頃は親父もまだ元気でめんどくさそーに子供たちのに相手してたよな。


その親父が一年ほど前から入退院を繰り返すようになった。お蔭で陶芸店の隣の園芸ハウスは荒れてしまった。

だいぶ減った.jpg


僕がここで写真の練習をしていたのはたった4年前。 


見る影もない。



ボクの夏休み~帰省編~ 終わり




↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2013/09/25 00:45] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ニワトリノニワ テキトー日記三年目 95 | ホーム | ニワトリノニワ テキトー日記三年目 93>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/1084-f41ca735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。