/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
いいじまキター1
さあ、それではこの10日間に私が体験したこと、聞いたこと、感じたこと、考えたことの一つ一つを紹介して行きます。

→ → → → →


「偶然の一致」というのをご存知だろうか。

英語では「シンクロニシティ」と呼ばれ、心理学者ユングの提唱した独語の英訳である。心理学の方では「共時性」と訳される。その意味は「非因果的な複数の事象(出来事)の生起を決定する法則原理」なんて書かれているが直感的な理解が最も優れているのではないか。言わば人間の理解を超えたまさに「偶然の一致」現象である。

ユングはこの現象を伝統的中国の占いである易経で用いる筮竹(ぜいちく)と占いの内容の「偶然の一致」に注目し先の心理学的用語の「シンクロニシティ」という概念を生み出すに至った、らしい。ユングをほとんど知らない人はガチガチの現代心理学者という印象を持っているかも知れないが(私もそうだった)実は彼の提唱した深層心理学の中心的概念は集合的無意識という、誤解を恐れつつ言えば(恐れるんだ)、人間の無意識はあの世で皆つながっている、ととらえられるような概念だ。

ま、その「偶然の一致」という概念を頑なに使った小説に私は5年ほど前に出合った。それが

聖なる予言」ジェームズ・レッドフィールド著

この本がヒッピー達の愛読書だったことは後に知った。内容は偶然の一致に気付き運命を素直に受け入れて行くと深い学びが得られる、って感じになるかな。ま、輪廻転生を信じ、人は自分が生まれる前に自分の人生を計画して生まれてくるなんてのを信じたい人にとって「偶然の一致」は自分の人生(運命)を導いてくれる赤い糸と言っていいだろう。この考え方は簡単に表現すれば流れに逆らわないということ。どう考えても運命の流れが方向を示している、という現象に気付くか否かは別として我々は人生の重要な場面で赤い糸に引かれているのではないか。

私には最近この「偶然の一致」みたいな現象がよく起こる。それは先日の隠岐の海士町に行くように色々な誘引が働いていたようにだ。今回の飯島遠征の場合は後々紹介するけどちょっとでき過ぎている感がなくもないのだが。

そしてこの旅最後の「偶然の一致」は昨日18時半頃高速バスで新宿に戻り、JR新宿駅構内の物凄い人混みの中で起こった。スーツケースを引いて歩く後姿は20日前に逢ったその人にソックリだった。そう言えば中央線(京王線?)沿いに住んでいると言っていたような・・・・。残念ながらこちらも大きなスーツケースを引いており雑踏の中に紛れてその姿はゆっくりと消えていった・・・・

新宿の雑踏へ.JPG

取り合えず一旦切ります。


飯島かんけーなくね?




「ねはんの里」 
banner2.gif


スポンサーサイト
[2013/09/24 21:30] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(2)
<<いいじまキター2 3/15(日) | ホーム | 帰って、キター!>>
コメント
タイトル、心機一転ですね。ブックマークのタイトルも変えました。

私事ですが、群馬県の農場にお世話になる決心をしました。まさに「決心」でした。ご存じの通り、就職おめでとう!という世界ではなく、これからが勝負ですからね。

お互いに、情報交換など、協力できるところは協力して、切磋琢磨しましょう。

いいじまの記事、楽しみにしていますよ!
[2009/03/26 22:40] URL | ごめり #79D/WHSg [ 編集 ]
ごめりさん
ただいま!
よくぞご決心なさいました。新しい農業の担い手が増えたことを勝手ながらお喜びいたしております。ごめりさんが続々生まれる若い後輩達の面倒をみる姿が見えるようです。ところで群馬の農場って、まさか野菜くらぶさんではないですか?

私の方は、今回の飯島の研修で色々面白そうな方向に進みそうな気配がしています。今後のアップに期待してくださいね。
[2009/03/27 07:58] URL | NOか! #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/107-bca34c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。