/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ニワトリノニワ テキトー日記三年目 76
今日は高知に行ってた。

県内で高知市以外の人は高知市のことを高知とか市内とか言うらしい。それだけ高知市近辺に一極集中した人口分布となっているのだ。

因みに高知県の人口は76万。高知市が34万人、お隣高知龍馬空港がある南国市が5万人、その次は・・・・なんと我らが四万十市が3.6万人で3位なのだ。(郡は除く)

高知県全体で76万人というのもべっくらコイタが、西のはずれの四万十市が県内3位の人口とは。

もちろん高知をバカにしてる訳じゃない。これくらいの人口密度でいいんじゃないの、と僕は思う。

むしろ高知県は100年先の日本の人口密度を先取りしているね。だからこそこの高知県で100年先のモデル・ビレッジを創る意味があると思う。

都会に迎合しない芯の通った本当に豊かな文化を。


さ、本日のレポート。

E天気なあさデス。

あさ.jpg

暑いのに。空ちゃんがなにげに業務を遂行していた。

業務遂行中.jpg

のを見てから出発。


歩き遍路を何人も見た。

歩き遍路.jpg

この時期はホントにシンドイはずだ。僕は8月21日に徳島から歩き始めて四万十市辺りを歩いたのは2週間後の9月頭だった。それでも残暑が厳しくてしんどかった。


さて、2時間のドライブを経て高知城の傍に到着。

高知城.jpg

道のりで106キロある。

この道のりを6月末辺りから5往復くらいしている。電車の本数がもう少し多ければ車で行きたくないところだ。


で、最近高知市まで何往復もしてるのは高知県産業振興基金事業が行う補助金事業で、ベンチャー企業育成支援事業というのに応募しているからだ。

これは100%助成で助成限度額500万、期間1年間。これで指定の経営コンサルタントが一緒になってビジネスモデルの評価から再構築、融資関係のマッチングまでしてくれる。

うちみたいな人材に乏しい創業したてのベンチャーにとってはタダで優秀な人を貸してくれるようなこの事業は願ったり叶ったりだ。


あ、僕は自分で何でもできるようなことを書いてるように思うかもしれないけど欠けている部分は明確に認識してるし、広く業界を横断的に熟知している人たちには素直に頼ればいいと思っている。

僕自身がもし時間があればそこまでできたかも知れないけど、人生を100%準備して漕ぎ出すとしたら一生を準備だけで終わってしまうだろう。

だから不十分でもまず漕ぎ出すという無謀さも何かを成し遂げるために重要な要素に違いない。

ま、そんな次第で県や銀行関係のオジサマたち20名くらいを相手に僕がやろうとしてることをアツくプレゼンしてきた訳だ。


夕暮れ.jpg


賢者は青い空を見上げながら綱を渡りだす。


足元のリスクばかり気にしてたら一生歩けないぞ!



↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2013/09/25 00:44] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ニワトリノニワ テキトー日記三年目 77 | ホーム | ニワトリノニワ テキトー日記三年目 75>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/1066-5f505e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。