/*アクセス解析用タグ*/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
「遺伝子組み換え作物とF1交配種とモンサント社と現代農業と」 3
さぁ、みなさんついてキテマスか?

と、若干引き気味な空気を察していながらにして知らんプリして先に進んじゃいましょう。理解できない方は自分を余り責めないでくださいね。

皆さんの頭がAFOなのではなくて、僕が説明ヘタっぴ岬なだけですから。


さて、前回みたいな交配の説明は自分で絵を描きながら読んでみるととても分かりやすくなります。AとBの株を丸とかで描いて家系図みたいなのを書いてみたらいいです。

段々AとBがアフォとバカの頭文字に思えてきて、アフォ家とおバカさん家の壮大かつしょーもない家系図ができあがれば一抜けですゾ!


じゃ、ともかく先に進めましょう。本日は現代にはびこるF1交配種の話を引き継いで、現代農業の問題点を考察してみます。

きっとこれまでで一番分かりやすい話になりますよ。


あ、一点だけ補足として。

遺伝子組み換え作物で話題のモンサント社が販売してるラウンドアップはベトナム戦争でジャングルからゲリラを締め出すために使われた枯葉剤です。

だからアメリカ政府との癒着も疑われるし、そもそも戦争に使用されただけで批判が生まれるのは仕方ない流れかも知れぬ。

でも。

遺伝子組み換えが何なのか、またF1交配種がなんなのか、正確に理解しないで誰かが言ってることを鵜呑みにして批判するのはとてもカッコ悪いと思う。

自分の目で見て自分の頭で理解し自分の知性で考えて判断する。その癖をつけないと、ちょっと賢くてズルい誰かの言いなりに、操られてしまいかねない。

それは、危険だ。



はい。前回の終わりに、なんでこんなにF1交配種がはびこっているのか?という疑問を残しました。それは・・・

それは我々が、良質な実、収量が多い、病虫害抵抗に優れる、というF1交配種でなければなしえない特質を農業に求めているからです。

つまり、多収穫でかつ病害虫に強くなければ現代の農業は成り立たないということ。これは文明の発展と共に一次産業従事者が減ることに起因する。


現在の日本において、僕ら販売農家数(耕地面積30a以上または農産物販売金額が年間50万円以上)は一体何人分の食糧を養っているのか?

これは比較的簡単に計算することができる。

日本の人口13000万人・販売農家118万・カロリーベースの食糧自給率40% なので、13000×0.4÷118≒44.1人分 となります。

一農家当たり44人分の食糧を生産しなければならない。食糧自給率がほぼ100%だったといわれる昭和20年くらいで4人分、江戸末期で1.5人分らしい。

現代の日本人はいかに僕ら農家に食糧生産を頼っているかがわかるというものだ。これを良い言い方では集約的になった、と呼ぶらしい。う~ん。

しかし一農家当たりで生産すべき農作物の量が増えたことで、機械を使わねばならず地球を汚染するわ、手におえない面積で栽培せざるを得ないので病害虫を防除するために農薬をジャバジャバとぶっかけねばならなくなったのだ。

そして、作る人と食べる人が離れてしまった。このため食糧を工業製品のように見るようになり、安心安全より見た目の良さが重視されることになる。

だから、遺伝子組み換えやらF1交配種やらが農業の現場にはびこってしまったのだ。

故に。遺伝子組み換えがどうのこうの、F1交配種がどうのこうのと難癖つけるなら、アナタが農業に加わって農業人口を増やしてください、と言いたい。

遺伝子組み換えだってF1交配種だって必然性があるから生まれたんだ。即ちみなさんの職業選択とスーパーマーケットでの選択の結果として生まれて来たものなのだ。

それを今更アブナイとかオッカナイとか言うなら自ら農業従事者となって安心安全な食糧をバンバン生産したらいい。

ただし、安心安全な農産物は生産するのに手間=コストがかかる上に宿命として生産量が少ない。

だから。

僕が今とても苦労しているように、スーパーに並んでるモノの値段より遥かに高くなるから、ほとんどの流通から、相手にされないけどな。

でもさ・・・・



  誰かがやらなくちゃ!!


誰かがやらなくちゃ!.jpg



「遺伝子組み換え作物とF1交配種とモンサント社と現代農業と」 





↓↓クリックして応援
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[2013/09/25 00:43] | 迷子の大人たち(移転前日記) | トラックバック(0) | コメント(4)
<<ニワトリノニワ テキトー日記三年目 57 | ホーム | 「遺伝子組み換え作物とF1交配種とモンサント社と現代農業と」 2>>
コメント
はじめましてです。
とても興味深く拝見させて頂きました。
ところで鶏の動物行動学に関してはどの程度
研究されているものかとふと思いました。
きっと池田さんも研究しているんだろうな、
なんて思いました。
[2013/06/28 15:35] URL | ぶんぶん丸 #79D/WHSg [ 編集 ]
ぶんぶん丸さん
はじめまして。コメント有り難うございます。

チキンさんの行動学についてはそれなりに分析してるつもりですが、多分まだまだです。

でもしみじみ思うのは、彼女らは社会的な動物で数百羽で群れをなして暮らしていることから、人間との共通点をとても感じます。

例えば人間では社会悪として認識されるイジメですが、ニワトリの社会の中では弱い遺伝子を除外する必要悪であったりします。

そうやって僕は人間も動物も同じ社会的動物であると考え彼女らの中に人間としての原点を見つけようとしています。
[2013/06/28 20:56] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
先週「サンモントの不自然な食べもの」というドキュメンタリーを見てきました。知らないってことは恐ろしい~。F1種のことは知っていたけどサンモント社という多国籍企業ことはそれ程知らなかったので衝撃を受けました。「誰かがやらなければ!!」と少しでも思ってくれる人が増えるといいですね。
[2013/07/02 11:40] URL | ウーリー #79D/WHSg [ 編集 ]
ウーリーさん
ははぁ、さてはそんな映画を観てモンサント社のことが大嫌いになったからわざとひっくり返してサンモントとか言ってるんですな。

しかし、その映画もちょっと偏ってるようなのでしっかり自分の頭で情報を精査した上で理解してくださいね。

しかし。人類はもっと一次産業に関わって行くべきでしょう。自分らの命に直結する食糧生産を疎かにする近代化って、一体なんなんでしょう?

モンサント社が悪の標的にされてますが、モンサントを大企業にせしめたのは僕ら一人一人のライフスタイルなんですけど。
[2013/07/02 15:27] URL | 迷えるおじ #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maigonootonatachi.blog.fc2.com/tb.php/1046-f87d2286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
迷子の大人たち 2


~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記

プロフィール

池田 司

Author:池田 司
高知県四万十市の丘の上、放し飼い有精卵のニワトリノニワ農場の経営者池田司です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ01

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。